2019年9月9日 ラグビーW杯博多駅イベント、テーマソング歌手にエリザヴェータ

報道機関各位|プレスリリース|2019年9月9日発表|同9月16日更新|Flower Army Records

歌手エリザヴェータが、9月20日に福岡市博多駅前広場で催される、ラクビーW杯公式イベント「ファンゾーン」初日のオープニングショーに出演し、大会テーマソング『ワールド・イン・ユニオン(World In Union)』を歌うことが決まりました。

国際的オペラポップ歌手エリザヴェータ(Elizaveta)が、5月のアルバムツアー以来、初めてとなるライブ演奏を行います。イベント当日は17時過ぎより、ラグビーW杯公式テーマソング『ワールド・イン・ユニオン(World In Union)』を始め、スタンダードナンバー数曲を披露し、フルキャスト合唱曲にも参加する予定です。ステージでは、ピアノマン・ダリルと共演します。

  • 福岡市ラグビーW杯情報より


    イベント名:ラクビーワールドカップ2019公式イベント「ファンゾーン」オープニングセレモニー
  • 日時:2019年9月20日17~22時(うちオープニングショーは17:00すぎ~17:30すぎ)
  • 会場:福岡市博多区 JR博多駅前広場特設ステージ(北口・博多口)
  • 主催:福岡開催推進委員会
  • 共演:ピアノマン・ダリル
    入場:無料・一般開放

─────────────────────────────

アーティストへのお問い合わせ

フラワーアーミーレコード:contact@flowerarmy.com

─────────────────────────────

エリザヴェータ

■エリザヴェータ・プロフィール

オペラポップシンガー、ピアニスト、作曲家、プロデューサー。幅広い音楽性と豊かな歌声、卓越したライブパーフォーマンスで、物語を紡ぐ。NY生まれ、モスクワ育ち。2012年米ユニバーサル ミュージックよりデビュー。彼女の制作した楽曲は、映画、人気テレビシリーズ、ゲーム、ダンスなど、多方面に登場。2019年4月、MONOEYESのスコット・マーフィーと、日本語デュエットアルバムをリリースし、全国ツアーを行う。最新シングルは『Black Cat Emergency』。福岡在住。

関連リンク;

エリザヴェーター HP:http://elizaveta.com/

ピアノマン・ダリル HP:http://www.pianomandarrell.com/ 

福岡市役所 ラグビーワールドカップ2019情報
http://www.city.fukuoka.lg.jp/shimin/s-jigyou/charm/rwc2019_2.html

RWC ラグビーW杯2019年ファンゾーン
https://www.rugbyworldcup.com/fanzones

西日本新聞ふくおか版記事「ファンゾーンで熱い声援を ラグビーW杯27試合放映 20日から博多駅」 2019/9/5配信
https://www.nishinippon.co.jp/item/n/540637/

World In Union by Hayley Westenra
https://www.youtube.com/watch?v=xh91WLNeD8g

以上

PDF版ダウンロード:20190909-PR-Rugby-JP